初めて自分でお気に入りで買った車の体験

20代で初めて車のローンを組みました。その前に乗っていた車も新車ですが、祖父からのプレゼントで軽自動車を買ってくれました。それを9年間乗り、あちこちにガタがきてしまったので、私も就職して仕事が安定してきたところで、「そろそろ車が欲しいなぁ」と考えていました。大きな車が欲しいわけでもなく、何となくトヨタ、日産と色々と行きましたが、好きなデザインが無く、どこもスルーをしてきましたが、最期に行った店内には「ホンダNSX」がキラキラと輝いていました。車に詳しくない私ですが、テレビでのレース番組が好きで「カッコイイ」走りをする車に興味を持っていました。値段や乗りこなしなど、私の手に届くものではないけど「NSX」に見とれてしまいました。何年も前の事ですが、今でも鮮明に記憶に残っています。そこで「プレリュード」を試乗させてもらって「これ、良いなぁ」と好きになりました。初めてローンを組むというところでかなり迷いましたが、営業の人は丁寧に何度も自宅にきては進めてくれます。悪く言えば「売るのに必死」な感じですが…。ですが、気持ちはほぼ「プレリュード」に決まっていました。そしてついに思い切ってローンを組んで買いました。プレリュードにはオートドライブが付いていて、走り心地のいい車で、買ってからはこの車で走るのが楽しくて、とても幸せな車との時間でした。

一人で乗る8人乗りは寂しいでした。

子供が運動をするようになり送迎などがはじまると荷物も多くなり新車で購入した軽自動車を娘に譲り、中古車で8人乗りのワンボックスカーを買いました。私は車が好きで好きな車もありましたが自分が8人乗りに乗れることが嬉しくて子供の送迎が楽になるよりも所有できることがとても嬉しかったです。車の運転に慣れるまでは少し時間はかかりましたが大きな車の運転のしやすさや遠出をした時の体の疲れにくさもなくいつまでも乗り続けたい車でした。車を所有してから4年目の事、子供は運動から離れ一緒に出掛けることも少なくなり、一人で8人乗りに乗ることが増えました。大量の買い物をした時はとても便利ですしワンボックスカーを所有、運転する憧れもあり手放すことなんて考えてもいなかったある日、私が鬱になり働けなくなりました。共働きで家計を支えていたので無駄を省く事を考えたときに一人で乗っている8人乗りの空間がもったいなく思いました。中古車の為燃費も悪く税金も高いので夫婦で話し合い、また軽自動車に戻すことにしました。車の購入はいつも同じディーラーにお願いしてましたので乗りたい車種と色を伝え見つけてもらいました。買い替えの相談をしてから運よく2週間ほどで乗りたい車を見つけることができ40万ほどで買い換えました。また機会があったら8人乗りに乗ってみたいです。

中古で購入、フォルクスワーゲン/パサート

私は2015年の夏に茨城県土浦市の中古車販売店で、フォルクスワーゲンのパサートを購入しました。2004年製の車で、購入した時点で約60000キロ走行していいましたが、購入してから2年経った今でも大きな故障はありません。この辺りはさすがドイツ車といった感じです。
パサートが初めて所有する車となりましたが、私の中で車を選ぶ条件としていくつかの設定がありました。まず1つ目は、荷物の積載量です。私は登山やスノーボードを始めとしたアウトドアを趣味としているのでたくさんの荷物を積めることが第一条件でした。パサートは後部座席を倒すと広々とした空間を確保することができます。身長178センチの私がぎりぎり横になって寝ることができる広さです。2つ目はデザインです。最近の車に多い流線形のデザインがあまり好きではなかったので、最低でも5年以上昔の車で探していました。2004年式のパサートは、角張ったデザインで私の好みに合致するものでしたので購入に至りました。