買取査定を前にしてどうしても傷を治したい

車の買取査定を行う際には、車に傷がない方が良いし、車がキレイな方が
高く売れることは確かです。

多少の傷があっても傷を板金修理に出さずに、そのまま買取査定をした方が
良いということは一般的に知られたことです。
でも、どうしても目立つところに気になる傷がある場合になんとか直したいと
思いますよね。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

プロの仕事にはかなわないがDIYでなんとかなることも

板金修理に出さずに最小限の投資で傷を補修したい場合。そんな時には
DIYでの補修をお勧めします。
ただし、傷がなかったようにキレイに仕上げるのは無理な話です。
ただ、うまく仕上げれば、パッと見ただけではわからない状態にすることは
可能です。

では、補修には何が必要でしょうか。
それは、ボディーカラーにマッチしたタッチアップ塗料です。
塗料については自動車用品店に行けば色々な色が揃っています。
また、その場にない色でもオーダーして調合してもらうことが可能となっています。

ボディーカラーは、色番号で管理されており、大抵はボンネットの中に貼って
あるコーションプレートに記載があるはずです。
この番号を元にタッチアップ塗料と細い筆を購入しましょう。

そうすれば、ドアの下の方にある傷や、ルーフの傷などあまり近寄ってみない箇所
については、とてもキレイに補修することが可能です。

車買取業者を利用する際のポイント

中古車は下取りで出すよりも車買取センターで売却したほうが高く売れる、これはもはや常識となりつつあり多くの買取屋さんが存在しています。また、買取屋さんはどこで売却しても同じというわけではなく、その売却価格には大きな開きがあります。少しでも高く売るためにはどうすればよいのでしょう。
最近では、web上に中古車買取一括サイトなるものが複数存在します。これは大変便利で、一括サイトを利用することで数社から相ミツを簡単に取得することができます。少しでも高く売却するためには相ミツは絶対に必要となります。この一括サイトを利用することで、一社一社連絡するという面倒な作業が省略されます。
相ミツを取る際にも注意点があります。相手の営業マンはいくらなら売却するかということを執拗に聞いてきます。当然少しでも安く買取りたいわけですから営業マンとしては当然の行為です。しかし、正直に話す必要はありません。もし話すのであれば希望価格の10万円くらい上を伝えましょう。どうしても注文を取りたい営業マンなら会社から許可されている最高値を出してきます。多くの場合、営業マンは台数で評価されており、いくらで売れようがあまり関係はないからです。
こうして取得した相ミツの中から最高値の業者さんを選択しましょう。