買取査定を前にしてどうしても傷を治したい

車の買取査定を行う際には、車に傷がない方が良いし、車がキレイな方が
高く売れることは確かです。

多少の傷があっても傷を板金修理に出さずに、そのまま買取査定をした方が
良いということは一般的に知られたことです。
でも、どうしても目立つところに気になる傷がある場合になんとか直したいと
思いますよね。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

プロの仕事にはかなわないがDIYでなんとかなることも

板金修理に出さずに最小限の投資で傷を補修したい場合。そんな時には
DIYでの補修をお勧めします。
ただし、傷がなかったようにキレイに仕上げるのは無理な話です。
ただ、うまく仕上げれば、パッと見ただけではわからない状態にすることは
可能です。

では、補修には何が必要でしょうか。
それは、ボディーカラーにマッチしたタッチアップ塗料です。
塗料については自動車用品店に行けば色々な色が揃っています。
また、その場にない色でもオーダーして調合してもらうことが可能となっています。

ボディーカラーは、色番号で管理されており、大抵はボンネットの中に貼って
あるコーションプレートに記載があるはずです。
この番号を元にタッチアップ塗料と細い筆を購入しましょう。

そうすれば、ドアの下の方にある傷や、ルーフの傷などあまり近寄ってみない箇所
については、とてもキレイに補修することが可能です。